sexandtheyokohamacityの徒然草

冒険し続ける人生を生きたい私の壮大でちっぽけな日常

介助犬の驚き行動

介助犬ってあまり馴染みが無い。

目の見えない方の側で誘導する犬!という認識でいたけど、実際どうやって?

 

今日バイクで出掛けた時、信号待ちをしていた時の出来事だ。

 

赤信号で、車は勿論止まる。

前には横断歩道があり、介助犬を連れたおじさんがてくてく歩いてきた。

横断歩道の前は黄色いブツブツの線があるから、そこで犬とおじさんが止まる。

 

あれ?歩行者は青信号だけどな、、、進まないな。

信号が赤なのか青なのか、犬は分からないんだ!とりあえず、横断歩道前で止まるのね!と驚いた。

でも、青なのにどうやって渡るのだろうとじっと見ていた。

すると、後ろから歩行者が来た。

勿論、信号が青だから渡る。

それを見た犬が、なんとおじさんを引いて渡りだした。

そうゆう事か!!!!

他の歩行者が渡るかどうかを犬は認識して渡るんだ!

 

32歳にして初めて知った事実。

ほぇ~、賢いなぁ。

 

 

看護師復職セミナーへ行ってみた

民間救急をフリーランスでやっている私、保険の問題等不安で看護協会へ最近入った。

そこの案内で、六病院合同復職支援セミナーが開催される情報をゲット。

臨床から離れてだいぶ経つし、現在の医療動向や病院等を見たく、また技術練習もあるので参加してみた。

 

早速1日目。

参加者は6名、みんなお子さまが小さい人や、子供がやっと手が離れたなどで仕事を離れていたが、戻りたいという為参加されていた。

独身子なしは私だけ、ちょっと形見が狭い気もする。

時間は10時から16時の4日間。

今日は3つの病院を周り、見学し、説明を聞いた。

 

セミナー内容はやはり問題は高齢化について。

医療従事者がどれだけ重要か、在宅へ向けての支援の大切さ、入院日数の減少等である。

 

父親の事もあり、私は患者の立場で病院の現状は良く分かっている。

ま、病院側の都合や、政府の意向等考えると仕方のないこと。

ただ、自宅介護する身としては、もう少し長く病院でリハ等受けられればなと思うものだ。

 

両方の立場で考えられるだけに、いつも頭悩まされるところだ。

 

そもそも、私は病院に戻るつもりはあまりない。33歳でこれから結婚や出産と考えると、意識を高く持ってあの激務をこなす事は考えられないからだ。

 

でも、やはり病院を見ると魅力は感じる。特に自分のいた急性期には多少なりとも戻ってまた経験を積んでいきたいかもとも思う。

 

でも、今の民間救急やエスコートの仕事があまりにも自分にドハマリしたから辞めたくないのが事実である。

 

看護師の仕事は多岐にわたるが、自分が最初に行った課で固定されがちなきがする。

課に寄ってベースや思考は同じでも、やはり知識や経験が異なってくる。

 

私の通っている脱毛なんかも、看護師が行っている。これも看護師なんだ。

とにかく、あまりに多岐に渡るため決めるのが物凄く大変だし、方向を変えるのには勇気がいるのが現状だと思う。

 

とにかく、私はこのセミナーに参加して自分が感じるもの等を素直に受け入れられればなと思う。

たまに採血等もやっておきたいしwww

 

とにかく、女にとって30代は結婚や出産など考える歳だ。

何か仕事を一から始めるのには躊躇してしまう。

 

迷うなら動けと思うところもあるけど、私は今のエスコートと民間救急でしばらく様子を見ていこうと思う。

 

いつか、何か見えてくればいいな。

わたしのバイブルVOGUE


f:id:sexandtheyokohamacity:20171204175117j:image

 

私のバイブル、それはVOGUE。

 

このキラキラとした世界に憧れ、雑誌を眺めている時が至福の時。

 

正直、VOGUEに掲載されているファッションは、ファッションショーそのもの、高ブランドのハイセンスなものばかりで到底一般人には着こなせないし、値段的にも一生手の届かないものばかり。

 

それでも、読むのは自由だ。

たった700円で少しだけでもその世界に浸ることが出来る。

 

私は本を読むのはあまり得意では無い。

それでも、VOGUEに載ってる活字は隅から隅まで読む。

 

ただのファッションの説明だけではなく、色んな知識を得られるし、何よりも感性が磨かれるのだ。と思うwww

 

どんなものでも良い、読むと言うことは大切だと思う。

 

特に好きな事ならすっと入ってくるし、ファッションやコスメの事から派生して文化や歴史まで学べるなら最高だ。

 

VOGUEが部屋に置いてあるだけで、なんだか幸せな気分になれる。単純だよね。

 

そうそう、最近みた韓国ドラマの彼女はきれいだったと言うドラマはファッション雑誌編集のドラマ、校閲ガールもそう。私の大好きな洋画のプラダを着た悪魔なんかもそう。

 

ファッション雑誌のドラマや映画で、一つのカットから掲載する文章までの工程をなんとなくだが想像できると、また雑誌を読むとき違った形に見えてくる。

 

毎月発行されている雑誌なのに、作成者たちの裏方の苦労などを思うと、絵だけみる何て事はしたくない。

やはり細部まで読むのが礼儀だし、好きな雑誌に対しての私のルールだ。

 

という訳で私の愛読書VOGUE、今回の表紙はジョニーデップの娘だった。

ソックリでびっくり。可愛いわぁ~

 

シザーハンズから思うと、ジョニーデップももういい歳、と言うことは私もいい歳だ。

 

最近無性に子供が欲しくてたまらんw

自分の人生はだいぶ謳歌した感がある。

 

そろそろ、誰かの為に生きてみるのもいいなと思えた今日この頃です。

 

gelato piqueの2018年福袋ゲット

gelato piqueが好きなら誰でも知っているうさぎオンライン。

 

毎年福袋をゲットしようと激戦に挑むが、この10年、結局一度も買えた事がない。

 

日本にすんで居なかったり、初売り並ぶ程の元気も無かったりで結果ゲットしたことが無い。

 

今回は、Usagi Onlineから先行予約のメールが来た。

インターネットでは6日から売り出すのだが、メールが届いた人は5日の12時ピッタリから売り出すのを予約出来るというものだ。

 

私は4日11時55分からスタンバイ。

12時ピッタリになった瞬間、来たメールからうさぎオンラインを開きgelatopiqueの福袋へ直行。

あれ!?全然カートに商品が入れられない。

 

すでにサーバーが落ちる寸前のようだ。

混み合っていますの文字が延々と流れる。

やばい、やばい、このままだとまずい。

 

まずは携帯から入っていったのだが、パソコンに切り替え開く。

 

YahooとGoogleの検索サイト両方使い、さらに携帯からも。

トータル10個は開いていたかな。

 

10分後くらいかな、パソコンからやっとカートに入れることが出来た!

これでまず一安心。

 

するとまたサーバーが混み合っているとの文字が。フリーズしてしまう。

 

あれ?カートに本当入ったのか!?

不安、不安。

とにかくパソコンに張り付いて何度も何度もクリックしまくる。

 

30分後くらいにまたも福袋をひらくと、既にSold Out。はやっ!

先行予約なのに、みんな買える訳ではないのかい!!

 

とりあえず、カートに入ればこっちのもんだ。でも、入ってるのかが分からない。

またもクリックの連続。

 

やっとカートが開けた!

一つ福袋が奇跡的に入っていた。

 

よし、あとは支払い!

と思ったら、またもやサーバーが混み合っているの文字。

 

何度も何度もカートをクリックすると、やっと支払いページにとんだ。

 

そこから購入する!のボタンをおすと、またもやサーバーが混み合っています。。。と、

 

なんじゃこりゃ。

またかい!全然すすまない。

 

いや、でもカートに入ったから安心か。

でもいつカートから外されるか、とにかくず~っとカートを開こうと何十回もクリック、カートが開けたら購入ボタン、いったい何回繰り返したのであろう。

 

結果、12時ピッタリに始まり、購入が完了できたのが1時50分www

 

1時間50分かかり、10年越しのgelatopique福袋ゲットできた。

 

あとは1月に送られてくるのを待つのみ。楽しみ~

 

にしても、どんだけ人気なんだgelatopiqueの福袋!!

 

先行予約なのに、ここまでの争奪戦。

いや~、お疲れ様。

 

 

 

ドバイ、ゴールドスークでネームネックレスを超特急で作る方法

私、ドバイに行ったらどーしてもやりたかった事、それなアラビア文字で自分の名前のネックレスを作る事であった。

 

事前に死ぬほどネットサーフィンしてゴールドスークやらドバイモールやらでネームネックレスの作り方を検索。

 

どれを見ても、1日、2日かかると書いてある。

 

わたしは仕事でドバイへ行った為、自由時間はほぼ無し。

でも、ドバイにいったらどーーしても作りたい!

 

私のバイブル、SEX AND THE CITYでキャリーが自分の名前ネックレスをずっとしていたのを見て、ずーーーっと欲しかった。

 

以前4℃で注文してネックレスを作れると言うのを発見して、七年前くらいかな?その時悩みに悩み、当時の彼氏が誕生日プレゼントに作ってくれたことがあった。

しかし誕生日の二日前にふられてしまい、結局そのネックレスはいずこへ??

受け取る事が無く終わってしまった。

 

そんな痛い過去がある私。

ネームネックレスなんて不吉なもの、いらんわ!と思っていたが、今回ドバイ行きが決定したときに、アラビア文字でのネームネックレス欲しい!!!と昔の気持ちに再燃でした。

 

話がそれましたが、結局当日の数時間で作れるなんぞ書き込みを見つけられることがなく、そして英語のサイトでも検索して事前注文出来ないかとか色々見たけど見つからなかった。

 

結局翌日とかにしか出来上がらないなら、私には無理だなと諦めていた。

 

そしていざドバイに到着、数時間自分の自由時間があったので、とりあえずスークに行って色々お土産を買っていた最後に、ゴールドスークにふらっと立ち寄ってみた。

 

私に歩みよってきたおっさんに、なんとなく連れられて裏路地へ行くと、

ZARAと日本でもおなじみの名前なので(全く違う店ですが。。。)ネット検索したときにもあったネームネックレスを作成してくれる店に連れてかれたので、あれ?ここ知ってるぞとなり、ちょっと話を聞くことに。

 

飾られていたネックレスのデザインが可愛くて、サイトもしっかりしてたし、作るならここがいいなぁって思ってたんだよね。と店のオッサンにはなす。

その時時間は午後2時。

 

私は5時半にはホテルチェックアウトしなくちゃならなかったので、時間ないし無理だよねって言うと、5時にホテルまで届けてやるよ!とwww

 

嘘やろ!!

間に合わなかったどうするんだ!と言うと、お金はここで一円も払わなくていいよ、受け取った時でいいからと言うから、じゃぁお願い!!急げ!

 

ということで、自分の名前をアルファベットで書いて、アラビア文字に直してもらい、すでに決めていたデザインを指定して、大きさからチェーンの長さから細かく指示。

 

まさかのほんとに作り上げて、思った通りの完璧なネームネックレスを5時にホテルへ持ってきてくれた!

 

その場で現金900ディルハムを払い、受け取る。なんだ、余裕で出来たwww

 

私の交渉術なのか?たまたま運が良かったのか?いやいや、たぶんすぐ作れるんだね。

 

ということで、二時間あればネックレスは作れると言うことが分かった。タクシーでホテルまでくるのも請求されず、ネックレスの値段だけで出来た。

 

ラインも交換して、次行くときなんて事前に頼んでおけるし、そしたらお母さんや友達の文まで次はすぐ作れてしまう。

 

いや~、とりあえず行ってやってみるもんだ!

 

最高のネックレスが出来て、自分への7年越しのプレゼントです!!!

 
f:id:sexandtheyokohamacity:20171203040210j:image

ちなみに、18kYGです!

金属アレルギーがテキメンにでる私ですがアレルギー出ないので本物です~


f:id:sexandtheyokohamacity:20171203040301j:image

 

横浜の街とデートの巻

横浜駅から地元の石川町駅まで歩くのが大好きな私と親友。

歩くと結構な距離だが、ベイクォーターのところからみなとみらいに向かって歩くと、夜は特にイルミネーションがキレイで歩いているのが全く苦にならず、むしろ食べた後のお散歩で最高に気持ちがいい。

f:id:sexandtheyokohamacity:20171203032739j:image

いつもマークイズからランドマークにかけての橋を渡って突き進むのだが、クリスマスだからか木にイルミネーションが施されていて最高にキレイだった。

 

クイーンズにつくと、ドッグヤードもキラキラだった。


f:id:sexandtheyokohamacity:20171203032903j:image

寒さも忘れるほど、大はしゃぎで地元なのに写真を取りまくる私たち。

 

次は赤レンガに向けてワーポから突き進むと、これまた赤レンガではクリスマスイルミネーションが。


f:id:sexandtheyokohamacity:20171203032957j:image

もはやカップルの聖地化している。

そんな中、ヤンキーの男子二人組がツリーの前で写真を取り合っている姿を見て、ホッコリしましたwww

 

最後は中華街を抜けていつものバイク置き場に到着。

 

何時間歩いたのでしょう、あっと言う間に感じました。

 

横浜って、ほんとキレイな街だな~

 

というか、私が小さいころはみなとみらいなんてものは無かった。

ランドマークも無かったwww

 

今や色んなビルが立ち並び色々開拓されてどんどん変化していっている、そんな姿を見ていつも新しい発見がある。

 

やっぱり横浜と言う街とのデートは最高の贅沢だと思った。

 

ハマッコはやはり地元をなかなか離れられなくなるのは、新旧入り混じった色んな魅力があるからこそなんだろうな。

 

警察からのメッセージ

150ccのバイクに乗っているのですが、夜ジムへ行こうとバイク置き場に行くとこんなものがバイクに挟まっていた。

 


f:id:sexandtheyokohamacity:20171201234924j:image

 バイクが倒されていました。

さわらぶ警察署に連絡下さい。

 

マジかよ~、こえ~よ~、誰だよ~

 

とりあえずすぐ電話。

荷物をバイクに置いた後に気付いたのでそぉっとどかす。

 

バイクはすでに元通り、とりあえず一通り見たけど特に傷も何もない。

 

警察に電話すると、担当者がいないから折り返すと。。。

ぬぉい!!!

 

ま、いいや。

とりあえず連絡を待とう。

 

そういえば、昨夜うちのマンションの廊下で誰かが大声で叫んでいて、何かを蹴った音がした。

怖くて見る事も無く、立ち去るのをじっと待ってた。

 

もしや、そいつじゃねぇか?

警察にとりあえずその旨だけ伝えて終了。

 

なんと物騒な。。。

 

うちは小さくて痩せているいおかんと、半身麻痺で車椅子のおとん、そして私。

誰かに攻め込まれたら弱すぎる。

たぶん、スカウターを通しても戦闘力10も行かないのではないか。。。

 

やはり、こうゆう時男が家に1人でもいたら心強いのにな。

 

今や私が大黒柱のようになっている。

だから、何かあれば家族を守らなければ!

 

けど、、、私も大して筋力のないふつうの女である。

やれることはたかがしれている。

 

とりあえず、戸締まりしっかりして、あまり遅くに出歩かない事くらいしか出来ないな。

 

何もなく平和に暮らせますよに!!!